2017/09/20

当ギャラリーの特色

2017年11月のプレオープンに向けて、ギャラリー立ち上げの準備に追われる毎日です。

この展示には私自身も作家として参加しますので、よろしくお願い致します。
完全オリジナル世界に一冊だけの(予定)、グループ展ならではの新作絵本も皆さんと協力して作っているところです。

さて、space showについて少し説明しておきましょう。
はじめの記事にも書きました通り、語学教室と併設になっています。
ギャラリーの壁をパーテーションとして、教室では時間帯により“語学レッスン”が行われています。異国情緒しか漂っていない不思議な空間になりそうですね。
そんなところが神戸っぽいかも?

教師歴40年超えのベテラン中国語講師と、英検一級・通訳案内士を持つ英語講師のレッスンがタダ聴きできる環境で作品をご覧頂くことができます。
レッスンのある間は私語のトーンを控えて頂くことになるかもしれませんが、生徒さんたちも通われているので、作品発表の場として活用方法はさまざまにあるかと思われます。

カフェ併設はよくあるパターンですが、うちは駅前留学ギャラリーです。
どんな面白い空間に仕上がるか、引き続きお楽しみに。

(2017年8月某日)
元々あったパーテーションを外して工事のために物を片づけたところ。
教室で使っている辞書や、教材、私の使っている画材などで物が溢れかえっていたため、空間を確保するのにも骨が折れた。

ゴミ袋をいくつ作ったかわからない。
この機会に子供の頃プレゼントされた百科事典21冊も古紙屋さんまで持っていき、引き取って貰った。百科事典は数が出回り過ぎているし、このネット検索の時代において古本としての価値がないらしい。
捨てる本の選別のためページをめくっていると、ふいに1000円札がピラリと舞い落ちた。
「ああ。子供の頃のへそくりが出てきた。ありがとう」
色んな場所に隠し財産をしているのが好きだった。

貯金が趣味だと言っていた12歳は万年金欠の大人になっています。
レンタルギャラリーの運営に力を注ぎ、同時に若い人たちの一助になれたならと思います。
「もっと早くに知りたかったなあ」なんてことが、とにかく沢山ありますね……。

私自身もまだまだお勉強中の身なので、先輩作家さんとの出逢いやお話も楽しめたならいいなあと考えています。(オーナー)

0 件のコメント:

コメントを投稿