2017/12/21

募集開始しました

「陳先生のコレクション大放出」展は12/24の17時まで。
今日で4日目の折り返しです。

棚には中国で販売されている日本では入手困難な画集などが並んでいます。
パンダの絵もありましたよ。
北京語では”大熊猫”(ターションマオ)と書きますが、世界的に発見されて認知されたのは1970年ぐらい。もっと昔から存在を知る中国奥地の人たちの証言では「中華鍋食べられた」なんてこともあったそうです。鉄分不足を補うためにあり得る行為らしいですよ。
シャンシャンフィーバー中なので宣伝まで。


<お知らせ>
会議室or教室としての使用者様募集を開始しました。

ギャラリー使用者の居ない期間、常設展を開催しています。
常設展開催中は会議室として使用したり、少人数(~6名程度)のワークショップを開催したりの短期間使用ができます。申し込みは1か月前から可。(例:3月1日に4月1日からの募集を開始)
<会議室or教室として使用する場合の料金>
・午後(11時~13時)/¥3,000-
・よる(15時~17時)/¥3,500-
・1日(11時~17時)/¥7,000-

現在1/16~21、1/24~31の間でご利用者様を募集しております。
案内や規約・同意書・申込書をお求めの方は、お問い合わせフォームか、電話やメールでご請求下さい。

<申込みの流れ>
希望日確定後、申込書と同意書をお取り寄せ下さい(紙面送付orダウンロードor直接ギャラリーまで)→申込書、同意書をよく読み、必要事項とサイン(捺印)を記入の上ご提出下さい。(必ずプリントアウトした状態で提出願います)
利用料のお支払は5日前までにお願い致します。
料金が発生した時点で予約完了をお知らせ致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿